<< 7月18・19日Prof Sohn Piezo & CGF ハンズオンコース | main |

平成26年6月1日東京医科歯科大学歯科同窓会歯周病講演会 モダン・ペリオドンティクス

6月1日、今日は東京医科歯科大学歯科同窓会の歯周病の講演会に御茶ノ水まで出かけました。

内容は、和泉教授の歯周病学講座の臨床と研究の全体像というもので、極めて多岐にわたる内容でした。

特に、歯周病の原因である細菌に関して、かっての特定細菌による歯周病の成立というものから、種々の細菌の集団としての為害性・病原性に着目した考え方に変遷してきており、「Keystone pathogen concept」や「Polymicrobial and dysbiosis(PSD)」などの新しい概念が登場してきている。

また、歯周病の全身に対する為害性も解明が進んでおり、死因の60%を占めるガン・循環器疾患・糖尿病・COPDは、喫煙・不規則な食事・運動不足・過度の飲酒などにより引き起こされるが、さらに軽微な慢性炎症である歯周病も、上記の疾患の原因因子の一つとして考えるべき時代に入ってきているといえるでしょう。

Keystone pathogen

at 20:27, スマイルクリエーター, ペリオ(歯周病)勉強会

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:http://beauty-smile.jugem.jp/trackback/16